マクドナルド化する社会 - ジョージ リッツァ

マクドナルド化する社会 リッツァ ジョージ

Add: ozymyza60 - Date: 2020-12-18 17:44:52 - Views: 1474 - Clicks: 6739

ジョージ・リッツァ 『マクドナルド化する社会 』(1999)早稲田大学出版部 マクドナルド化する論を展開した画期的な書籍。マクドナルド化概念を理解するためにはまずこの本を読む必要があります。. 【tsutaya オンラインショッピング】マクドナルド化する社会/ジョージ リッツァ tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの. See full list on kwww3. ここで言う効率性とは、「目標に対して最良の手段を追求すること」という意味で使われています。 マクドナルドは生産過程を簡素化し、商品の単純化を図ることによって、消費者の空腹を満腹にする目標に対して、最良の手段を追求しました。 例えば、マクドナルドでは、調理方法がマニュアル化されていたり、車を降りなくても注文できるドライブスルーを取り入れたり、商品の種類を限定して、客が選択する手間を省きました。 また、マクドナルドは、お客に働かせることにより、効率化をさらに実現させました。お客は注文するためにカウンターまで行き、席の確保やゴミの処分も客自身で行わせることにより、効率化したのです。.

ジョージ・リッツァ ジョージ・リッツァの概要 この存命人物の記事には、出典が全くありません。信頼できる情報源の提供に、ご協力をお願いします。. ・1996年〜1997年にマクドナルドが全世界に行った出店のうち、20パーセントは日本で行われた。年現在、日本には3000店ものマクドナルドが存在し、長期的には10000店達成を目指している。 2. 『マクドナルド化する社会』, ジョージ・リッツァ(正岡寛司監訳), 早稲田大学出版部, 1999 『自由を考える 9・11以降の現代思想』, 東浩紀、大澤真幸, 日本放送出版協会,. マクドナルド化した社会では、販売される商品の量、また商品を手にするまでにかかる時間を計算できることを重視します。 例えば「ビッグ」や「ダブル」などの言葉を用い、質よりも量によってその商品の価値が計算し、値打ちのある消費をしたと思い込ませます。 これと同時に、商品を作る従業員も、質にこだわるより、いかに早く多くの量の商品を生産できるかを重視しています。. それ自体は見つけられませんでしたが、ジョージ・リッツァ著『マクドナルド化の世界』を基にした記事が有りました。 作業をマニュアル化し、従事する未成熟な若年練労働者が多いと、どうしても定着率は低くなるのでしょう。. マクドナルド(英称:McDonald&39;s、NYSE:MCD)はアメリカ合衆国に本社を置くファーストフードチェーン店であり、店舗は121か国にあり、店舗数は約31,000店舗に上る。当初、マクドナルド兄弟が開いた店舗はハンバーガーショップではなかった。ハンバーガーもマクドナルド兄弟の発明品ではなく、それ以前からアメリカ全国にあった料理だった。にもかかわらず、その後の世界展開により広く認知されるようになったことから、マクドナルドはしばしばハンバーガーの代名詞ともされる。最初のマクドナルドはアメリカ合衆国・カリフォルニア州サンバーナーディノでマクドナルド兄弟が1940年に始めたものである。この後有名な「スピード・サービス・システム」のキャッチフレーズと、工場式のハンバーガー製造方法、そしてセルフサービスの仕組みにより、第二次世界大戦後の1948年以降に特に有名になった。1954年、ミルクシェイク用ミキサーのセールスマンで企業家のレイ・クロック (Ray Kroc) が、ミキサーを売りに兄弟の店にやってきたとき、マクドナルドの仕組みについて興味を持った。特に興味を持ったのは兄弟の回転が大変速く、相当数の人数の客を次々とさばけることだった。すっかり感心したクロックは、ミキサーのメンテナンスでレストランにやってきたとき、システムをフランチャイズ形式にして、システムそのものを売る商売を始めてはどうかと勧めたことにより、マクドナルドは現在の姿へと遂げてゆくのである。マクドナルド社の成功は年においても、総売り上高401億ドル超と、明白である。 マクドナルドは、単に実業世界だけでなく、アメリカ大衆文化に中心的な位置を占めるまでになった。新しいマクドナルドが小さな町にオープンすると、それは大変なイベントになる。マクドナルドはアメリカ文化の一つの象徴となっている。. ジョージ・リッツァ(George Ritzer, 1940年 - )は、アメリカ合衆国の社会学者。メリーランド大学社会学部教授。 ミシガン大学で修士号、コーネル大学で博士号を取得。チューレーン大学助教授、カンザス大学准教授を経て、1974年から現職。. 「マクドナルド化」とは、アメリカの社会学者で、ジョージ・リッツァがつくった言葉である。 マクドナルドの経営理念とそれを象徴する合理化が現代社会にあらゆる場所に浸透していることを指摘した。.

(ジョージ・リッツァ『マクドナルド化の社会』早稲田大学出版会) ディズニーランドはディズニーアニメを中心にメルヘンの世界を構築しています。しかし、その運営方法や顧客管理には極めて近代的な手法が使われています。. 今年の春に翻訳されたジョージ・リッツァの「マクドナルド化する社会」を読まれた方は分かると思うが、スポーツのマクドナルド化とは、スポーツ選手がマクドナルドばかり食べるようになったとか、マクドナルドがスポンサーとしてスポーツ界を仕切っ. ディズニーワールドやクレジットカードなどの新しい消費手段とマクドナルド化の関係を分析。 マクドナルド化の世界 / リッツァ,ジョージ【著】〈Ritzer,George〉/正岡 寛司【監訳】 - 紀伊國屋書店ウェブストア. ジョージリッツァーのマクドナルド化について質問です。1効率性、2計算可能性、3予測可能性、4制御、5合理性の非合理性この5つの大学における具体的な例を考えています。何かいい例 はないでしょうか。よろしくお願いします。 ×ジョージリッツァー ジョージ=リッツァ×マクドナルド化.

Pontaポイント使えます! | マクドナルド化する社会 | ジョージ・リッツア | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 多様な社会状況の中で、マクドナルドは効率の最大化を追求した。すなわち、生産過程を簡素化し、商品の単純化をはかることによって、消費者に空腹から満腹へ移動するための最良の方法(迅速な調理、ドライブスルー)を提供したのである。 生産過程においては、あるゆる実験が繰り返されて、最も効率的に調理可能な方法がマニュアル化された。駐車場を店舗に隣接させたので、わずかな距離を歩いて店舗に入り、わずかな時間で食事ができる環境を実現させた。また、商品の種類が限定されているので、客は膨大な種類の中から選択する手間がなくなった。 さらに、マクドナルドの効率化に何よりも貢献したのは、「客に働かせる」という作用であった。マクドナルドにおいて、客は、列をつくって注文を告げにいく。そして食べ物をテーブルまで運び、ゴミを捨て、トレイを片づける。ドライブスルーの場合には、食事をする場所の確保やゴミの処分も客自身が行うことになる。伝統的なレストランがやっていた作業を客に行わせ、かつ、それを客に非効率と思わせないことによって、マクドナルドは効率化に成功したのである。. マクドナルディゼーションとは、ファーストフード店の諸原理が、世界の国々のますます多くの分野で優勢を占めるようになる過程のこと。社会学者ジョージ・リッツアが『マクドナルド化する社会』において書き表した。 1.

・以前よりはるかに多くの人々がさまざまな商品を利用できるようになった。 ・以前とくらべて、商品やサービスの利用可能性が場所や時間に左右されなくなった。 ・欲求や必要を即座に満たすことができるようになった。 ・商品とサービスが高い規格性をもつようになった。 ・高額な商品・サービスに代わって、経済的な代案が広範囲に利用できるようになった。 ・迅速で効率のよいサービスで、時間的に余裕のない人たちにも利用できる。 ・急速に変化し、あまりなじみのない、敵対的な世界において、マクドナルド化したシステムが提供している相対的に安定し、親しみやすく、しかも安全な環境には、ある種の気安さがある。 マクドナルド化する社会 - ジョージ リッツァ ・数量化が徹底されているため、顧客は競合する商品をたやすく比較できる。 ・厳格に規定、管理されているため安全である。 ・人種、ジェンダー、社会階級に関係なく、平等に遇される機会が増えた。 ・組織と技術の革新は機会操作の回路をとおして迅速に、しかも容易に普及していく。 ・ある文化において、最も人気のある産物を別の文化へ伝播することがいっそう容易になった。. 消費者にとってマクドナルドの商品及びサービスはどの店舗でも均一であり、予測可能であることです。また従業員も予測可能であるマニュアル化された業務やサービスを行うことを義務付けられています。 お客はどのようなサービスを受けられるかあらかじめ予測できるものに対しては、安心して享受しようとする傾向があります。 従業員側から見ても、仕事が楽になり、迷いなく効率的に作業できます。実際、予測可能で繰り返しの多い作業を好む店員も多いのです。. マクドナルドは、計算可能性も重視した。ここで言う計算可能性とは、販売商品の量的側面(分量と費用)、サービス(商品を手に入れるまでにかかる時間)のことである。客がマクドナルドで売っている商品の量と費用を考え、それがどれくらいの時間で提供されるかを考えていること、に目をつけた。そして、何かが沢山あること、商品の手渡しが迅速であることを「商品の質も良いものに違いない」と思わせ、「大きいものは良いことだ」と思わせることに成功した。 だが、実はこの計算可能性の利点は、まやかしにすぎない。バーガーを包んでいるやすいパンは、実際よりも大きく見せるように調理されている。さらに、量についての幻想を助長するために、バーガーや様々な付け合わせはパンズからはみだすように大きさが設計されている。ポテトも、赤い紙の入れ物に入っているところに仕掛けがあるが、実際は値段相応のわずかなポテトしか入っていない。ジュースも、氷の分量を多くすることによって実際よりも大きく見せかけている。これらのことは、マクドナルド化されたファーストフード店が莫大な利益をあげていることからも明らかである(バーガーキングでは、フライは経費の400パーセントで売られ、飲み物は600パーセントの利幅を含んでいる)。それゆえ、消費者の計算は間違っている。消費者は、安くたくさんの食べ物を得ているわけではなかったのだ。 さらに、マクドナルドは生産過程においても様々な仕掛けを導入している。「ファテライザー」を導入して、ハンバーガーの脂肪が規格どおり19パーセント以下になるようにしている。脂肪含有量が多いと調理中に縮んでしまって、パンからはみだすほどの大きさをアピールできないからだ。.

ジョージ・リッツァが提唱したマクドナルド化における「合理性の非合理性」についてどなたか分かりやすく説明できるかたいらっしゃいませんでしょうか. 【中古】 マクドナルド化する社会 /ジョージリッツァ(著者),正岡寛司(訳者) 【中古】afb. ~マクドナルド化する社会~ アメリカの社会学者ジョージ・リッツァが著した「マクドナルド化する社会(1993年)」という本があります。 これは、効率一辺倒の社会の行きつく先を考察したものです。. 大澤真幸、東浩紀の「自由を考える」を読んでいて 何度も出てきた本が ジョージ・リッツァの「マクドナルド化する社会」だった 自由を考える―9・11以降の現代思. The McDonaldization of Society. 『マクドナルド化する社会』(ジョージ・リッツア) のみんなのレビュー・感想ページです(11レビュー)。作品紹介・あらすじ:マクドナルド革命は何をもたらすのか。.

商品を手に入れるために並ぶ行列、選択の余地のないメニュー、座り心地の悪い椅子、客自身が後片付けをすることなど消費者に対しての制御がされています。 また、従業員には厳密なマニュアルがあり、教えられた通り正確に、ごく限られた業務をするように訓練されています。. マクドナルド革命は何をもたらすのか。 マクドナルド化する社会 / リッツァ,ジョージ【著】〈Ritzer,George〉/正岡 寛司【監訳】 - 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア. マクドナルドの経営理念とそれを象徴する合理化が現代社会にあらゆる場所に浸透していることを指摘し、それをマクドナルド化(en:McDonaldization)と名づけたことで知られる。 著書 単著. 例えば100メートル走をやる選手がいる。その選手は当然ながら100メートル走に合わせてトレーニングをし、体を作ってコンディション. Man and his Work: Conflict and Change, (Prentice-Hall, 1972).

マクドナルド・モデルがこれほどまでに大きな魅力をもっているのはなぜだろうか。マクドナルドでファストフードを食べることは一つの「記号」となっている。そして、その記号は、現代のライフスタイルとうまく適合しているのだ。マクドナルドの成功、つまり社会がマクドナルド化することに4つの要素がある。マクドナルドは、消費者、従業員、そして経営者に、「効率性」「計算可能性」「予測可能性」「制御」を与えているのだ。 ・効率性 効率性はある地点から別の地点に移動するための最適な方法である。消費者にとって、マクドナルドは空腹から満腹へ移動するために利用できる裁量の方法を提供している。また、マクドナルド・システムで働く従業員、経営者も効率的に機能することができるのである。 ・計算可能性 計算可能性は、販売商品の量的側面(分量と費用)、およびていきょうされるサービス(商品を手にするまでにかかる時間)をもっとも重視する。量は質に等しいものとなった。何かがたくさんあること、もしくは商品の手渡しが迅速であることは、質がよいものに違いないということをさしている。たとえば「ビック何とか」「ダブル何とか」という名称から、人々は量を決めることができるし、価格総額に比べて多くの食べ物を自分たちは手に入れていると感じることができるのだ。従業員もまた、自分たちの質的側面よりもむしろ量的側面を重視する傾向がある。作業の質のばらつきを少なくするなるよう設計されているので、従業員はどれだけすばやく与えられた作業をこなすかに専念すればいい。 ・予測可能性 マクドナルドは商品とサービスがいつでも、どこでも同一であり均一であるという保証を与えている。マクドナルドが意外な驚きを与えないことを知っていることに人々は心地よさを感じる。マクドナルド・モデルの成功が暗示しているのは、人々の多くが意外な驚きのほとんど存在しない世界を好むようになったということである。従業員も予測可能な仕方で振舞う。彼らは店長の指図はもちろん、企業の職務干渉システムに従っている。マクドナルド化した組織は、従業員が覚えることになっており、特別の事態が起こったさいにはマニュアルに従いさえすればいいのである。 ・制御 第4の要素制御がマクドナルドの世界に足を踏み入れる人々に影響力を発揮する。きちんと並ぶことが求められている行列、選択の余地のないメニュー、追. マクドナルド化する社会 ¥ 3,250 ジョージ・リッツア/正岡寛司監訳 、早稲田大学出版部 、1999 、1冊. Amazonでジョージ リッツア, George Ritzer, 正岡 寛司のマクドナルド化する社会。アマゾンならポイント還元本が多数。ジョージ リッツア, George Ritzer, 正岡 寛司作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 書名: マクドナルド化する社会: 著作者等: Ritzer, George 正岡 寛司 リッツァ ジョージ: 書名ヨミ: マクドナルドカスル シャカイ. マクドナルド化する社会 ジョージ・リッツア著 早稲田大学出版部, 1999. ジョージ・リッツァ / 早稲田大学出版会 / 99/05/25.

マクドナルド化と企業社会 : ジョージ・リッツァの見解を中心に 渡辺 敏雄, Toshio Watanabe 商学論究 64(2), 241-275,. マクドナルド化する社会 では、いったい、どうすればそのような〈縦糸〉が張れるのでしょうか。 ここでは、『マクドナルド化する社会』(ジョージ・リッツァ著・早稲田大学出版会・1999年)をヒントに考えてみることにしましょう。. これらの4つの特徴により、すばらしく効率化がもたらされますが、それを実行する従業員にもたらされるのは脱技能化、 非人間化、そして機械化と言えます。 簡単に言うと、人間なのに機械のような存在になってしまうのです。これがいわゆるマクドナルド化する社会、官僚制の逆機能に当たる問題と言えるのです。 マクドナルド化が進めば、人々は活気を失い、自ら考えることをやめ、機械のように手順通りに動くことしかできない人間が増えて行きます。そして、一度そうなった人間は、特殊なスキルや高度な知識も持たないので、取り替え可能な存在になってしまうのです。 また、脱人間化という面では、ファーストフードレストランでは、食べ物を詰め込む場所になってしまい、食事から得られる喜びは小さくなってしまいます。 効率よく食事ができるという利点がある反面、まるで餌を与えられる家畜になったかのように感じる人もいるかもしれません。 このように、マクドナルド化する社会は、合理的である部分もあれば、非合理的な部分もあります。この現象は、ファーストフードだけでなく、教育、医療、旅行・レジャー、政治など、社会のあらゆる面に影響を与えていると考えられています。 これらのことから、マクドナルドが悪たるものとは言えませんが、人間にとって何が本当に大切なものなのか、一度考えてみる必要があるかもしれません。. マクドナルド化と企業社会 ジョージ・リッツァの見解を中心に -241- 1) 渡辺敏雄(稿)「マクドナルド化の概念-ジョージ・リッツァの見解を中心に-」、『商 学論究』(関西学院大学商学研究会)、第64巻第1号、年7月。 要旨. マクドナルド化する社会 - ジョージ・リッツア - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 ジョージ・リッツァは『マクドナルド化する社会』で、「ファストフード・レストラン の諸原理がアメリカ社会のみならず世界の国々の、ますます多くの部門で優勢を占める. マクドナルドは、提供する商品とサービスが、いつでもどこでも同一である。さらに、マクドナルドは、今週食べても来年食べても、味はまったく同じである。マクドナルドは高度にマニュアル化されたプログラムにもとづき、材料の種別などを厳格に規定している。そして、人々は、それを「知っている」。人々は、そこそこの味を楽しみ、意外な驚きがほとんど存在しない世界を選考するようになってきている。 また、店員も予測可能な仕方で振る舞う。マクドナルドに入店すると店員が何を話すのか、どんな動作をするのか、客はあらかじめ予測できる。マニュアルに基づいて予測される行動に、人々は安心感を感じる。店員の側から見ても、仕事が楽になり、迷いなく効率的に作業できる。実際、予測可能で繰り返しの多い作業を好む店員も多い。 マクドナルドは店の構造の複製も行っている。マクドナルドの赤と黄色の派手なロゴは、予測可能性の感覚を想起させることをねらっている。「コピーされた色とシンボルは、何マイル先でも、またどんな都市でも、予測可能性やマクドナルドと何百万もの客とのあいだの長い年月にわたって変わることのない関係を暗に約束するものとして作用する」。カウンター、メニューの看板、奥に見えるキッチン、テーブルと椅子、目立つゴミ箱、ドライブスルーの窓、どれもが予測を裏切らずどこでも同一である。. 本論文は、Ritzerの議論がどこで誤ったかを明らかにするとともに、消費社会論を論じる際の基準 を設定するやり方について考察するものである。 キーワード:再魔術化、脱魔術化、マクドナルド化、リッツァ、消費社会論 はじめに.

マクドナルド化とはアメリカ合衆国の社会学者で、メリーランド大学社会学部教授のジョージ・リッツァ(George Ritzer, 1940年-)がつくった言葉である。リッツァはマクドナルドの経営理念とそれを象徴する合理化が現代社会にあらゆる場所に浸透していることを指摘し、それをマクドナルド化(McDonaldization)と名づけた。マクドナルド化の影響は、レストラン業界に限らず、教育、職業、刑事司法制度、医療、旅行、レジャー、ダイエット、政治、家族、宗教つまり事実上、社会のすべての側面に及んでいる。マクドナルド化は、世界において定評を確立していた制度や伝統のある地域のすみずみまで、たちまち拡がっていったことからもわかるように、もはや避けることができない過程である。. マクドナルド化する社会 ジョージ・リッツア 著,正岡寛司 監訳. ジョージ・リッツァ:マクドナルド化する社会 /05/25 マックス・ヴェーバー:プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 /05/16 デカルト:方法序説 /05/08. See full list on geek.

See full list on keny. ・合理的システムは大量の非合理性を必然的にもたらす。つまり合理的システムは人間の理性を否定する傾向を助長する。 ・マクドナルド化は環境に対して様々なマイナスをもたらした。人々が期待しているポテトを作るためには形の揃ったジャガイモを育てる必要がある。そのためには大量の化学薬品が使われ、完璧でないジャガイモは大量に捨てられる。 ・食事をする場所や作業をする場所が脱人間的な環境に変わっていってしまう。ハンバーガーを求めて、カウンターに一列に並ぶ顧客や、ドライブスルーで行列をつくって待つ顧客、そして食事の準備をしている従業員がしばしば感じていることは、自分が組み立て作業ラインの一部になっているという感覚である。食べていることに向いていないだけでなく、働く状況として非人間的になってしまっている。. 1.マクドナルド化とスーパースター現象.

マクドナルド化する社会 - ジョージ リッツァ

email: piceh@gmail.com - phone:(395) 238-1271 x 7167

ベンチマーキングの理論と実践 - ダイヤモンド・ハ-バ-ド・ビジネス編集部 - フォーガス マイケル

-> 鉄骨建方工事の施工指針 - 建築業協会
-> Nonstop basketball こんな時どうしよう

マクドナルド化する社会 - ジョージ リッツァ - 場面緘黙の子どものアセスメントと支援 コトルバ エイミー


Sitemap 1

賃貸トラブル 交渉と解決法 - みらい総合法律事務所 - POPコーラスピース 合唱で歌いたい GIRL ピアノ伴奏